私立医学部専門予備校 医岳舎
私立医学部専門予備校 医岳舎
私立医学部専門予備校 医岳舎
トップページ 本科生コース 講師紹介 合格実績
合格体験記 学生寮&学生食堂 MAP 資料請求
トップページ 本科生コース 講師紹介 合格実績
合格体験記 学生寮&学生食堂 MAP 資料請求
トップページ 本科生コース 講師紹介 合格実績 合格体験記 学生寮&学生食堂 MAP 資料請求

約10ヶ月で私立医学部合格に導く医岳舎の3つの特徴!


私立医学部専門予備校 医岳舎

友成 好伸
上智大学文学部卒


医学部受験生に効率よく英語を学んでもらうための指導と日々格闘しております。 昨今、英語がコミュニケーションのツールとなればよいという風潮があります。このことは私が以前教えておりました英語専門学校などでは確実に正しい流れです。しかしながら医大入試では、英語が外国語であるという事実は非常に重いという認識がまず必要です。また受験勉強は一種のゲームのようなところがあります。その辺もしっかり授業の中で伝授したいと思います。

著書 「医歯薬系の英単語」(教学社)、「慶應の英語」(TS企画)、「センター試験必勝マニュアル(発音・文法)」(東京出版)


私立医学部専門予備校 医岳舎

古川 暁
慶応義塾大学文学部文学科英米文学専攻卒


英語は「語彙」や「文法」など、要求される知識量の多い科目ですが、試験中にノートや参考書を開くことはできません。そこで「いかにコンパクトかつ系統的に整理するか」を常に念頭に置いて知識の整理を進めていきます。また、問題を解くにあたって皆さんが探すべきものは「答え」よりも「出題者の意図」です。読解・文法・作文といった出題形式や問題の難易度を問わず、常に「出題者の狙い」を明らかにしながら入試問題の解説を進めていきます。





私立医学部専門予備校 医岳舎

田中 健介
獨協大学大学院外国語学研究科英語学専攻修士課程修了


英語学習は、「これをすれば良い」という普遍的な魔法の方法はありません。学習状況に応じて的確な学習目標とそれを達成する課題をこなすことが必要不可欠です。「地道に覚える」という作業が避けられない状況もあれば、辞書片手に難解な英文と格闘しなければいけない状況もあります。しかし、受験生にとっては「今何をすべきか」という客観的な判断をするのは難しいです。だからこそ我々プロ講師が道を示すのです。それを無視して自己流に走り、結局失敗するのは残念なことです。プロ講師を信頼し二人三脚でしっかり歩んでいけば必ず結果は出ます。まずはお互い肩を組み同時に足を踏み出すことからスタートしましょう!



私立医学部専門予備校 医岳舎

浅野 修慈
立教大学英米文学科卒


医学部受験はまさに就職試験のようなものですから、それ相応に意識を高く持たねばならぬものでしょう。しかし世間一般に、特に私立医学部受験においては多浪が多いということは、もちろん激戦領域ではありますが、そこに何らかの"甘え"が存在していると言わざるをえません。"入試に対する甘え"、"親に対する甘え"、そして"自分に対する甘え"を撤廃して激烈な実行力のある受験として再出発しようではないか!いっしょにがんばりましょう!! Stick to it !  (それをしっかり見て!)






約10ヶ月で私立医学部合格に導く医岳舎の3つの特徴!


私立医学部専門予備校 医岳舎

岳野 雅継
東京理科大学理学部第一部卒


受験生はやらねばならないことが多い一方で、試験当日までに合格点がとれる状態に仕上げなければなりません。そのために、指導する内容を十分なものにすることと同時に、時には指導内容を取捨選択するなどできるだけシンプルにすることも心がけています。生徒に知識を伝える指導ではなく、合格レベルに引き上げること、そしてそのために「基礎を身につけること」がどれだけ大切なことなのかを常に念頭に置き、指導に当たっています。知識は覚えるだけになってはならず、まったく覚えなくてよいものでもありません。その辺のバランスも考え慎重に指導にあたっています。



私立医学部専門予備校 医岳舎

深水 憩
東京理科大学理学部数学科卒


受験生の中には、これをやれば受かるといった十分条件ばかりに気を取られて必要条件をおろそかにしてしまうものが少なくありません。たしかに、十分条件は合格を約束するものですから安心します。しかし、今一度合格するには少なくとも何をやらなければならないのかといった必要条件でまだ満たしていないものがないか確認してみましょう。医学部の入試問題といえど難問ばかりがでるわけではなく標準的な問題が大半を占めています。一年間全力でサポートします。





私立医学部専門予備校 医岳舎

中条 紀江
津田塾大学大学院理学研究科修士課程修了


入試問題の半分以上は普段の演習題材とほぼ同もの、またはその発展問題です。講義の練習問題は過去問題を研究し精選しています。従って一回一回の授業が勝負です。必ず反復練習をすること。 本番には「解いたことがある、これなら解ける!」という場面に出会うはずです。







約10ヶ月で私立医学部合格に導く医岳舎の3つの特徴!


私立医学部専門予備校 医岳舎

加古原 猛
茨城大学農学部農芸化学科卒


化学が不得意だった多くの受験生に共通するのは、「知っているつもり」学習です。 「知っているつもり」をいくら積み重ねても学力は伸びません。このことに気がつき正しい受験勉強が実践できた人だけが化学を得意科目にできるのです。 偏差値20upを目指して一緒にがんばりましょう。




私立医学部専門予備校 医岳舎

長谷川 冬樹
東京農工大学工学部工学研究科卒
試験勉強で最も大切なことは、出題されうる事柄を効率よく覚えて使えるようにすることだと思います。 一緒に楽しく覚えましょう。 いける!いけるぞ!







私立医学部専門予備校 医岳舎

福田 徹
東京電気大学大学院工学研究科修士課程物質工学専攻修了


人生の中で、最も勉強した一年にしよう。結果を考えるよりも、前に進もう。その一歩が不安を解消してくれます。そして、悔いの残らないようにやれることは何でもやろう。貪欲に取り組もう。必ず結果はついてきます。勉強方法など悩んだときにはいつでも相談して下さい。また、授業では気軽に質問ができる環境をつくります。受験は暗記だけでは対応できません。考える力が必要です。日頃から、問題文をしっかり読むこと、計算ミスをしないこと、自己管理を怠らないこと、目標をもつことを意識してほしい。この一年で合格することだけを考え前に進んで下さい。





私立医学部専門予備校 医岳舎

安楽 雅如
東京理科大学薬学部薬学専攻課修士課程修了


受験で合格を勝ち取るための実力を身に付けるには、まず基本的な知識を覚えていかなければなりません。これ無しに小手先の解法を行っても、どこかで行き詰って、又元に戻らなければならず、本当の実力は付きません。次のステップとして、覚えた知識をどのように使って行くかを常に考えて問題を解いて下さい。そうすることにより、たとえ知らない問題であっても、正解まで辿り着けるようになって行きます。そうなれば合格はほぼ手中に収めたものに成りますので、そこの域に達するように頑張って下さい。





約10ヶ月で私立医学部合格に導く医岳舎の3つの特徴!


私立医学部専門予備校 医岳舎

網谷 太一郎
早稲田大学教育学理学科生物学専修卒


生物で出題される生命現象や研究内容には話の流れがあり、その中のどこか一部を抜いて問う形で入試問題が作成されています。 授業ではまず、各生命現象及びキーワードを説明します。さらに何度も知識の定着を確認して思い出させながら、キーワードが問題文中でどのように問われているかをすばやく判断して内容を理解し、正解を導く方法を繰り返しトレーニングしていきます。





私立医学部専門予備校 医岳舎

海賀 俊征
群馬大学大学院医学系研究科生命医科学専攻


近年、生物学が次々と新しいことが解明されていくに伴い、医学部で出題される問題においても、年々難しさを増しているのが現状です。だからと言って難解な現象にばかり目を向けても意味がありません。まずは基本となる事項についてじっくり学習し、その後に難しいとされる現象を勉強しましょう。そうすれば、はじめは理解できなかったことでも、いくつかの基本現象からなることに気づけるはずです。みなさんが理解できるよう私も全力で授業しますので、生物を通してともに成長していきましょう。




私立医学部専門予備校 医岳舎

佐藤 牧子
東京農工大学農学部応用生物科学科卒


生物の用語や基本事項を覚えることが合格への第一歩ならば、その知識が登場する生物の物語を正しく知ることは、受験生にとって抜け難く迷い易い、深い森のように思えます。しかしながらこの生命の織り成す現象を理解しそのための考え方を身につけることが、受験においても必須とされるのです。 知識が繋って霧が晴れるように理解するのを実感しながら、医学部入試の生物を制するのに必要である独特なテクニックも身につけて頂けるよう指導をしていきます。 自信に理由はいりません。一緒に勉強した日々の記憶と安心感が入試本番で実力を発揮する礎となるはずです。受験勉強の日々は平坦ではなく、毎日を同じように積み重ねるのは難しいことですが、合格の笑顔を得るその日まで、共に頑張っていきましょう。





私立医学部専門予備校 医岳舎

福地 清浩
北海道教育大学教育学部小学校教員養成課程卒


①近年、生物という教科には次々と「分子の言葉」が洪水のように流入して来ており、かつて言われていたような「暗記科目」にすぎない、と思って選択すると、大火傷を負うことになりかねません。 ②生物選択者には、知識だけでなく、「智慧」が必要です。智慧だけが、生物用語と定義とを正確に理解して使うことのできる力を支え、問題解法パタンを適確に組合せられる判断力と実行力とを養成することができます。それは、脳のアスリートとして、常に解法時間と正答率とを向上させるために技を磨き続ける気力と胆力とを要求します。 ③安心して下さい。落込みや落胆を明日からのエネルギーに変換する「術」を生物40億年に学ぼうとする心があれば、インプットーアウトプットを通じて「説明できるレベルで理解するクセ」が誰にでも自然と身につきます。私は、受験生物での成功を手に入れるのは勿論のこと、一生涯有効なサイエンスへの開眼もサポートさせて頂きます。



約10ヶ月で私立医学部合格に導く医岳舎の3つの特徴!


私立医学部専門予備校 医岳舎

上村 聡
日本大学理工学部物理学科卒


入試で合格点をとるためには、物理そのものの理解と実際に問題を解くための行動力が必要です。すなわち知的な行動力です。腕組みしていては何も進みません。まずはやってみることが必要です、そのためのコーチが私たちです。







私立医学部専門予備校 医岳舎

加瀬 誘一
東京理科大学理工学部機械工学科卒


入試物理は、1年で攻略できる科目です。 そのためにすべき事は、定理・定義の理解と現象のしっかりとした把握です。そして、問題を通して身に付いているかの確認が必要です。問題は少なくて構いません。量より質です。 1つの問題を深く考える事です。そうすれば、分からない問題に出会っても、定理・定義に戻れば必ず解くためのとっかかりが見えてきます。焦らず続けることが大切です。



私立医学部専門予備校 医岳舎



私立医学部専門予備校 医岳舎



私立医学部専門予備校 医岳舎